有名芸能人の影響もあって、今「水素水」が人気ですよね。
実はその「水素水」が、妊婦さんや妊活中の方も積極的に取り入れているという噂が。
赤ちゃんへの影響などは大丈夫なのでしょうか。

 

水素風呂と妊婦さんへの影響

 

水素が体にいいと言われているのは、その形状が世界最小で体内に取り込みやすく、
体のサビと言われる「悪玉酵素」を排除してくれる効果があるからですね。
そんな「水素」は、本当に妊婦さんにもいい影響を与えてくれるのでしょうか。

答えは「YES」なんです。

 

妊婦さんといえば、つわりに悩むという印象がありますよね。
他にも、むくみがひどかったり、血圧が普段よりも高くなるといった現象も起こりがちです。
水素は、体の調子の悪い部分を見つけて優先的にケアしてくれる効果があるため、
これらの妊娠特有の症状にとても効果があると言われているんです。

つわりが起こるメカニズムは、はっきりと解明されたわけではないですが、
ホルモンバランスが崩れたり、体内の血流が停滞したりすることで起こると言われます。
水素は、それらの調子を整えてなるべく体に負担のない状態にしてくれるんです。

そしてそれらを全身で一度に取り込める最良の方法が『水素風呂』というわけです。
ただし妊娠中は血圧が上がりやすいので、お湯の温度は普段よりも低めにして
お湯に浸かる時間も10分から15分程度を目処にするように気をつけましょう。
そして、お風呂から上がったら水素水を飲むようにすると、更に効果的でいいですね。

 

不妊治療と水素の関係

 

妊娠中の影響についてはわかったと思いますが、ではその前の体にはどうでしょうか。

なかなか妊娠できない、赤ちゃんが欲しくて不妊治療を行っている女性にも
水素はいい影響を与えてくれるのでしょうか。

こちらの答えも「YES」です。

不妊の原因の一つに「卵子の老化」があります。
体は年齢とともに衰えますが、卵巣やそこで生成される卵子も例外ではありません。
若い頃にはできたことが、年をとると難しくなるのが老化現象で、妊娠も同様です。
しかし水素の働きで、その老化を遅らせることができると言われています。

理由は、老化の引き金である「悪玉酵素」の排除をしてくれるからです。
特に子宮や卵巣と言うのは、体のあらゆるものから守られていて、
なかなか外的な影響を受けづらい臓器と言われていますが、
最小形状の水素であれば、なんなく侵入し無理なく働きかけることが可能です。

もちろん水素水を飲むというのも方法の一つですが、
そこはやはり妊娠中同様、水素風呂に浸かることで全身から水素を取り込むことができ、
より効率がいい方法だといえます。

 

なお、以下の水素入浴剤「水素のめぐり湯」は不妊治療に取り入れられている商品で、リピート率が85%を超える人気を誇っています。
気になる方は、以下サイトをご参照なさってください。



水素を取り入れることは、体への副作用のない安全な健康維持方法だと言われています。
不妊治療や妊娠中の体は、普段以上に気を使うことが多いですよね。
ぜひ副作用の心配のない水素水で、楽しく健康な毎日を送ってください。