水素風呂でアトピー治療・改善

水素が世界最小で、体内に取り込むなら飲料よりもお風呂のお湯として全身から取り込むほうが、
効率もコスト的にもいいという話はしましたが、その効果が顕著に現れる場合があります。

それが「アトピー肌」の方たちですね。

健康な肌で水素風呂を試しても、あまり変化が感じられなかったり、見た目に変化がないことも。

しかしアトピー肌の場合、湿疹や赤みの状態で、肌への影響が如実に現れまます。

そこで、本当にアトピー肌にきくのかを調べてみました。

アトピーが悪化した?

水素風呂に入るようになってから、今まで出たことのない部分にまで湿疹やかゆみが出るようになった。

そんな体験談もないわけではありません。

水素の研究は進み、医療や様々な分野で将来性を期待されている水素ですが、
残念ながら、まだ未知な部分も多くあります。

そこにつけ込む、いわゆる「悪徳業者」というものもあるわけです。

 

特に気をつけたいのは、水素発生器よりも水素風呂入浴剤です。

水素100%ではないので、いろいろな成分が合成されてできていますが、
その成分が体に合わないと、肌状態が悪化してしまうことがあるというのです。

例えばですが、金属アレルギーのある人がいます。

水素入浴剤で入浴するようになって、全身に赤みと痒みが出始めた。

実は使用している入浴剤にアルミニウムやマグネシウムが入っていて、それに反応したものでした。

適した量やであったり、体質にもよりますが、少なくとも金属臭が多少でもするようなら使用しないほうがいいでしょう。

一時的な悪化「好転反応」

きちんとしたものを選んで使っていれば、多少時間はかかるかもしれませんが、
ジュクジュクとしたアトピー肌独特の状態が、内側から乾いた皮膚がのぞくようになってなってきます。

これは、ステロイドなどの外用薬で一時的に炎症を抑えるのではなく、
体の中から体質改善がなされているという証でもありますね。

 

ここでひとつ抑えておきたいポイントが。

「好転反応」という言葉をご存知でしょうか。

ある刺激に対して、いい働きをしてくれているけど、その変化に体がついていけないため、
はじめは悪化したのか、と勘違いしそうな反応が起こることをいいます。

ガチガチの肩こりを1回のマッサージでほぐそうとすると、血流が良くなりすぎて頭痛が起こった。

これも「好転反応」の一種です。

水素風呂の体への影響も、人によってはこの「好転反応」が起こることがあります。

 

 

体に合わないのか、それとも「好転反応」なのかを見極めるには、
まずは定期的に水素風呂を利用し、徐々に悪化するか改善するかを見る必要があります。

ある研究結果では、2日に1回の入浴で、1ヶ月続けられたら効果あり。
その前に肌への影響が気になって続けられなかったら悪化、という結論があります。

水素水を飲む、というのもアトピー改善方法として最近はよく聞く話ですが、
もし可能なら、お風呂にもその水素を取り入れてみるといいかもしれませんね。

 

水素風呂の副作用が気になりますか?体がだるいというのは副作用?

また、そもそも水素水には

「どんな副作用があるのか」

と気になる方もいらっしゃるのではないかと思います。

確かに、そういう思考になるのはごく当たり前のことだと思います。

太田成男・日本医科大学教授の著書「水素水とサビない身体」を引用するならば、今のところ、研究において水素水の副作用というものは見つかっておらず、理論上、副作用の存在はありえないということです。

もともと副作用という言葉には、医薬品を摂取することで、本来目的としている効能のほかの悪い作用のことを意味しています。

基本的に「水素水は人体には無害」であるというのが、専門家たちの研究結果にあらわれています。

水素水にはメリットこそあるものの、デメリットがないというのが良いところですね。

ただ、ネット上では

「水素水を飲むとお腹が痛くなった」

「水素風呂に入って体がだるくなった」

といった感想や口コミもいくつかあります。

ちなみに実際、私自身も1度だけ、水素水を飲用して、頭が痛くなったことがあります。

ただ、それは水素水というものを知って飲み始めた最初の頃のことで、最近はそういったことはありません。

また水素風呂については、体に不調を感じたことは1度もありません。

※以下は追記です。

TBS「ゲンキの時間」で水素水を紹介

2015年12月13日放送のTBS「健康カプセル!ゲンキの時間」で水素水がサビない体作りに良いと紹介されていました。

「様々な病気」の共通の原因は“酸化=体がサビる”であることがわかっていて、

酸化を防ぐために、我々は野菜を食べるなどで健康に気をつけています。

そういった抗酸化物質の1つして水素が今、“万病を治す”と大きな話題を集めています。

水素は宇宙一小さな物質で、毎日飲むことで体の抗酸化作用があることがわかっています。

アメリカの医学誌「ネイチャーメディシン」でも、水素水が体に良いことを掲載した記事が

取り上げられるなど、世界的な注目を集めているのがわかります。

水素水は飲んだ感じは”ただの水”なのですが、「抗酸化飲料」として

全く違った効果を発揮します。

ここで、水素水を飲む際に注意するポイントです。

  • 1日に飲む量は300〜500ml
  • コップに注いだら3時間以内に飲む

また水素の研究も進んでおり、以下のようなことが実証されています。

  • パーキンソン病患者の方に水素水を毎日飲んでもらったところ、7割の方に進行抑制の効果があった
  • 水素ガスを使って、心肺停止した動物を蘇生したところ、脳機能や心筋組織の後遺症が軽減した

なんで水素風呂がアトピーに効果があるの?

それでは、何故、水素風呂が水素水に比べて、より効果があると言われているのでしょうか?

それは、活性酸素が発生した患部にダイレクトに水素が行き渡るため、

水素水を飲むよりも、水素風呂の方が肌には効果的ということでした。

なぜなら、皮膚のバリア機能が改善されるからで、アトピーに関しては以下のようなメカニズムがあると紹介されています。

水素風呂に入る→水分が必要以上に出て行かない

→肌が乾燥しにくくなった→アトピー性皮膚炎が緩和した

アトピーを改善した女性の話

上記の番組「ゲンキの時間」では、アトピーに悩む女性が紹介されていました。

以下が、水素風呂で実際にアトピーが治った方の事例動画です。

彼女は自分のアトピーのせいで人の目が気になり、夏の暑い日でも腕を隠すために長袖の服を着ていたそうです。

皮膚科に通院してお薬を処方するも、改善されず、落ち込む日々。

これまでに訪れた病院の総数は7軒にも及びました。

そんなときに順天堂大学の漢方外来で水素風呂をすすめられたことで、肌がツルツルになるほど改善されたそうです。

基本的に1ヶ月毎日続けることで、水素風呂の効果が実感できたとおっしゃっています。

逆に水素風呂に入らなかった場合、1,2日でかゆみがぶり返し、

1週間で前と同じレベルのかゆみが戻ったそうです。

とにかく、毎日、水素風呂に入るということが重要だとわかります。

アトピー性皮膚炎への効果は現段階では解明されてはいませんが、

実際に効果のあった方がいらっしゃるので、これからもっと研究対象として

解明も進んでいくのではないでしょうか。

人気おすすめ水素風呂ランキング