飲む水素水と水素風呂の効果の差は?

いきなりですが、水素風呂は水素水を飲むより100倍の効果があるそうです。

 

体内の悪玉活性酸素を除去する作用があり、美容や老化防止に役立つとして、徐々に注目を集めるようになってきている水素水。

最近ではコンビニやスーパーでも見かけるようになってきていますね。

水素水の健康に与える良い影響というものが世間で認知され始めてきたといった証なのでしょう。

水素はどのような観点で「効果がある」と言えるの?

では「健康」とはいいますが、現在、まだ研究されており未解明な部分もある水素水。

どのような観点で、「効果がある」と話題になっているのでしょうか?

水素水の権威である大田教授が最も注目している水素水の効果は「脳」だそうです。

認知症やパーキンソン病やうつ病などにも水素水が与える効果の研究が進められており、特にパーキンソン病についていうと、1年間水素水を飲んでいると良くなるのだとおっしゃっています。

パーキンソン病は手足が震えたり、歩行もできなくなるといった原因不明の病気で、日本では10万人以上の患者さんがいらっしゃるだとのこと。

これは体内の悪玉活性酸素がなにかしらパーキンソン病になる要因を作っており、それを水素で排除することによるものではないかと推測されます。

また高血圧や高脂血症の患者さんたちも水素水を飲むことで改善されてきたというデータが出始めています。

水素に関しては、水素水を飲むだけでなく、水素風呂に入浴する、水素クリームを肌に塗るなど、さまざまな観点から健康に活用するといった取り組みが必要になってくると考えられています。

なお、水素風呂についていうと、水素水を飲むよりも100倍以上の量の水素を身体に吸収できるとのこと。

水素水を飲むことそれ自体も効果がありますが、水素風呂の場合は体全体の皮膚から、世界一小さな水素を取り入れることが可能なため、水素水の効能を存分に受け入れるには水素風呂がもっとも効率の良い方法だといえるでしょう。

高齢化社会を迎える日本ではアンチエイジングや美容、健康に、今後関心が移っていくと言われていますが、そのひとつのアイテムとして水素風呂に役割が大きくなっていくのではないでしょうか。