最近メディアでよく紹介されている水素風呂は一般的に健康にも良いと言われます。

水素風呂の種類としては入浴剤と発生器(機械)があるということですが、では一体どちらがオススメなのでしょう。

これからもずっと水素風呂を利用し続けるという前提で、コスパなどの比較もしたいところです。

水素風呂を作る方法

水素水風呂をつくる方法としては、大きく2種類の方法があります。

入浴剤と水素発生器の2パターンです。

それぞれのメリット・デメリット

本格的な水素発生器では、水を電気分解することによって、フレッシュな水素を発生させることができます。

この場合の費用は、本体費用は約10万円からになりますので、気軽な利用で開始するというわけにはいかないでしょう。

もうひとつあるのが入浴剤であり、水素発生剤の水素化マグネシウムを利用して、水との反応によって水素を発生させることができます。

費用は1袋が約500円前後なので、コスパとしては気軽に開始しやすいです。

入浴剤タイプであれば水素発生もありますが、それだけではなくほかの効果も期待ができます。良い香りをミックスしたりして、癒し効果抜群のバスタイムにもできます。成分を配合できるために、女性には興味深い保湿成分を配合できるので、これもメリットになります。

高額な発生器タイプを使うときには、シンプルに水素を発生させるためのみの機器になります。

初期費用は高いですが、購入してしまえば繰り返し使用可能です。

バスタイムを快適なものに出来ますし、水素水は20分毎に発生させることが可能ですから、肌状態も良いものにできます。

湯船に体を浸からない日であっても、水素水を手や足に使うこともできます。

室内仕様での、水素ディフューザーでも利用できるので、かなり使えるアイテムとなります。

どちらがオススメ?

単純に1日使用料金あたりのコスパを優先して考えると水素発生器がおすすめですが、初期費用は10万円からなので高額であり、その大金を出すには抵抗感がありますね。

水素風呂というのは効果が高いものなので、毎日ではなくとも、3日に1回でも十分な効果をもたらします。

最初は水素入浴剤を使い、水素風呂を自宅で試してみて、それからの検討でよいでしょう。