寒い季節に乾燥肌って辛いですよね

「人の身体の60%は水である」とは一般的には言われていますが、これは実は成年男子の数字なんです。

やせた女性の場合は50%ほどが水とのことです。

さらに年をとるにつれて水分を保持している力が衰えるということもあり、人は乾燥と上手に闘っていかなければなりません。

そしてさらに辛いのが秋冬などの寒いシーズンですよね。

実際、皮膚の専門家たちが行ったアンケートによると、4人中3人の方が、「寒い季節になると乾燥肌で肌がガサガサしてかゆい」という結果がでています。

とはいえ、かゆい箇所をかいていると、その時は気持ち良いですが、肌に傷がついて炎症が起きてしまい、そのうちかゆみが大きくなるケースもあるので、気をつけなければなりません。

そもそも、乾燥肌になる原因は

「セラミド、皮脂などによる保湿システムが正常に機能せず、角質層の水分量がかなり低下しているから」

ということがわかっています。

肌の水分を補いながら、水分が外にどんどん蒸発する量を減らすといった対策が必要となるでしょう。

具体的に人々が行っている乾燥肌対策としては

  • 保湿クリーム、オイルを塗る
  • 入浴剤入りの熱いお風呂に浸かる
  • 加湿器を使う

など、様々な方法があります。

ここで着目したいのは「入浴剤入りの熱いお風呂に入る」ことです。

乾燥肌には水素風呂がおすすめ

日本人の10人中7人の方が、毎日バスタブに浸かるという習慣を持っていますが、

「お風呂にゆっくり浸かることによって、血行が良くなりますし、新陳代謝が上がって、入浴剤の保湿成分が肌に浸透し、乾燥を防いでくれる」

といった効能が期待できます。

そして、ここで注意すべき重要なポイントは「お湯の温度」です。

寒い季節だからといって、お湯の温度を高めに設定していては、肌の保湿に必要な脂分を急激に奪い、肌の乾燥の原因にもなります。

そこで、ぬるめの温度に設定することが大事になります。

具体的には「38度から40度」ほどです。

お風呂からあがったあとに、肌が保湿した状態がどれだけ長期間続くのかが問われます。

特に水素風呂に浸かれば、そうでないお風呂に浸かるよりも長時間保湿を保ちことが可能です。

水素は宇宙一小さな物質で、水素風呂に入ることで、皮膚病の改善にも効果があると有名です。

乾燥肌で悩んでいる方の多くが使用し、改善したとの口コミが多いのも特徴です。

乾燥肌のかゆみ対策としてはオススメなのではないでしょうか。

関連記事:水素風呂でアトピーは改善するの?悪化しない?好転反応や副作用とは?