水素水はいつ飲むのが効果的?

水素水は1日のうち、一体いつ飲むのが効果的なのでしょう。

例えば、起床後や就寝前などといったタイミングがありますね。

結論から言えば、起床後と睡眠前の、どちらも飲んだほうがいいです。

ただ、いくら水素水が体にも良いといっても、一度に沢山の量を飲めば良いとは言えないです。

水素水を飲むおすすめタイムは、

check01朝起きての起床時

check01食事の前

check01外出をする前

check01運動やスポーツをする前

に飲むのがおすすめです。

1日を通して考えると、水素水は、できるだけこまめに飲むのが秘訣です。

そして水素水摂取のコツとしては、「体内における胃酸の分泌に影響しないタイミング」で飲むことが大事だということです。

というのは、人間というのは、大腸でしか摂取をした水分を吸収することができません。

ですので、水素がなるべく多く含まれた状態で、そのまま大腸に届かせることが重要となってきます。

食事をしたあとは胃酸がとても活発です。

胃酸の活動的なときに水素水をチャージすると、その水素はタイミング的にも中和されます。

そのまま大腸には、水素がスムーズに届かないことになります。

水素水を飲んで30分程すると、水素は人間の体の中から消えていきます

水素を効果的に働かせたいならば、水素水は30分おきに飲むのが良いことになりますので、ちょこちょこと水素水を飲むのが良いです。

水素水は1日どれくらい飲むのがオススメ?

水素水はどれくらい飲むかの、目安となる量も知っておきましょう。

1日あたりで飲む水素料としては、1.5Lから2L程の水素水の量を目安にします。

普段からあまり水分を摂取しない人であれば、1日に1Lを目標に、こまめに飲むといいです。

体内には小分けで、多くの水素を入れるのが必要です。

トータル料は1L~2Lだとしても、それを1回で飲みきる必要はありません。

時間を意識するなら30分おきに飲むことが理想ですが、意識してこまめに飲むといいです。

たくさん飲めないならば、水素水の濃度が高濃度なものを見つけて、適用量を飲む習慣を身につけてもいいでしょう。