水素風呂に興味を持ったばかりの頃の方には、誰でもちょっとした不安があると思います。

自宅で水素入浴を行う際に、まず水素発生器か水素入浴剤のどちらを選択しようかについてです。

コスト面の観点から考慮すると、水素発生器を購入するには10万円以上かかるため、最初はお手軽な水素入浴剤を使いたいという方もけっこういらっしゃるみたいです。

これはまさに当然な選択だと思います。

では水素入浴剤にはどのようなものがあるのでしょう。

まず、水素入浴剤については大きくわけて2つの種類があります。

1つめのタイプの入浴剤

1つ目は「バブル発生」タイプの入浴剤です。

こちらには「酸化カルシウム」や「アルミニウム」の粉が入っていて、お風呂に入れると水素の泡が勢いよく出てきます。

泡がぶくぶく沸いて出るような感じになるため、体がすごく気持ち良くなります

このタイプの注意点としては、専用ケースに入れなくてはいけないということです。

基本的に水中では65度以上の温度になってしまい、濡れた手で触るとやけどしてしまう可能性があるといった危険性があるからです。

なお、この成分は浴用化粧料といって、認可されたものではありません。

ただ、注意点をしっかり守って使うぶんには問題はないかと思います。

2つめのタイプの入浴剤

2つ目は「水酸化マグネシウム」タイプの入浴剤です。

この入浴剤は水と反応して、マイクロサイズの水素が発生します。

十分な量の水素が発生するまでに10分以上かかるので、多少待たされますが、一度発生すると長時間(8時間ほど)利用できるのがメリットです。

また水素の泡がマイクロサイズなので、水分に溶けてしまい、お風呂に水素ガスがたまることもありません。

お風呂掃除も、さっと洗い流すだけなので、すごく簡単です。

ちなみに入浴剤の入手方法については雑貨屋さんに売っていることもありますが、インターネットで購入する方が多いです。