水素水を自宅で作るにはどんな方法があるの?

水素水を自宅で作るとなると、いくつかの方法があります。

ひとつはスティックタイプで、これは水素を発生させる専用の棒をペットボトルの水の中に入れて飲むという方法です。

スティックタイプに関しては専用のボトルなどは特に必要はありません。

一度使用したことのある500mlほどのペットボトルで何度も使うことができます。

普通の水の中に水素を発生させる専用のスティックを入れて、少し時間をかければ水素水になるのですから、とにかく手軽なのが嬉しいですよね。

また、定期的に洗ったりお手入れをすることで、いつでもキレイな水素水を飲むことができます。

ボトルタイプの場合は、上下についている専用のキャップなどから水素が発生するというタイプで、電源が必要になるものも少なくありません。

スイッチひとつで簡単に水素水を作ることができ、特にこのタイプの場合は水素水を自宅で作るだけではなく、オフィスや出先でも電源さえあれば簡単に作ることができるでしょう。

特にモバイルバッテリーを持ち歩く人なら、そのモバイルバッテリーからの充電ならいつでもどこでもできる可能性もありますね。

自宅で水素水を作るメリットは?

自宅で作る場合、メリットは価格が安いことです。

水の代金なども考えても、ドラッグストアなどで水素水をパウチやペットボトルなどで購入するのよりもかなり安価に作れるでしょう。

スティックひとつ、ボトルひとつでどのくらいの量の水素水が作れるのか、ランニングコストまで考えてもやはり価格が安いのは嬉しいことです。

また、ゴミも出ません。パウチやペットボトル飲料は、飲み終わったあとにゴミが出るのがデメリットですが、スティックタイプなどは何度も使うことができます。

もちろん中のフィルターなどは定期的に取り替える必要がありますが、それでも水素水を自宅で作るとゴミの削減にもつながり、環境にも優しいでしょう。

また、定期的なお手入れはどちらも必要ですから、そのお手入れをしっかりできるかどうかによっても考え方は変わるでしょう。

おすすめ水素風呂はコチラ