水素水サーバーってどんな種類があるの?

水素水サーバーにはいくつか種類があります。

そしてざっくりと大きく種類を分けると、以下のような2種類になると言われています。

1:自宅やオフィスの水道水から繋げて水を注入するとそこから水素水に生成される水素水サーバータイプ

2:サーバー自体は水道などと繋げずにウォーターボトルを設置する(ウォーターボトルの中身がなくなるたびに配達、または購入する)サーバータイプ

使用目的として「家庭で使用するのか」、「オフィスで使用するのか」にもよりますが、サイズやサーバーから発生する騒音などを考慮して種類を選ぶ必要があります。

レンタルと購入はどっちがいいの?

自宅で使用する場合、家の間取りの都合上、設置場所によってもサーバーから発生する騒音が気になったりする場合がありますので、まずはサーバーをレンタルで試す方法をおすすめします。

レンタルにはお試し期間がある会社もありますので、手軽に始めることが出来ます。

水素水サーバーを購入しようとすると、どんなに安くても100,000円程度かかることが多いです。

高性能の高いものだと500,000円などという製品もゴロゴロ存在しています。

それなりに高い金額ですよね。

高い製品を購入したはいいものの、実際に設置をし使用してみたら、夜に騒音がうるさくて眠れないなどという問題が発生するといったケースも実際にあるそうです。

レンタルをする際の諸々の比較ですが、水道水から水素水を生成するタイプに関しては工事をする必要がある場合があります。

水道水を水素水サーバーにつなげる工事が必要な場合があり、月額レンタル料金がいくら安くても初期工事費用が高額の場合も考えられます。

工事費用は30,000円~50,000円程度かかる場合が多いです。

オフィスではビルを借りている場合、勝手に水道水を引く工事ができない場合もありますので設置の際には注意が必要です。

この水道水をつなげたサーバータイプの場合は、水道水を使うためにレンタル料金は安いことが多く、月々3,000円~5,000円程度のところが多いです。

別途、メンテナンス料金(水素水キットの交換費用など)がかかる場合もあります。

ウォーターボトルのタイプは、月々のレンタル料金は1,500円程度から借りることのできるものもありますが、別途ウォーターボトルがなくなるたびにお金がかかることも念頭においておきましょう。

水素風呂はコチラ