水素風呂は不眠症に効果あるってほんと?

以前、自分の勤めている会社でこんなやりとりがありました。

「最近、不眠症に悩んでいるんです」と打ち明けた同僚。

「ためしに水素風呂に入ってみたらいいですよ」とアドバイスした自分。

2週間後・・・

「水素入浴剤を買って、毎日入ってるのですが、体がリラックスできるようになったせいか、以前よりぐっすり眠れてます」と同僚が喜びの報告をくれました。

これは1つの例ではありますが、一般的に水素風呂は不眠症に効果があるというふうに言われています。

世の中に不眠症で悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。

眠れない日々が続くと、ストレスでいらいらしたり、お肌が荒れてしまったりと、日常生活に良くないことが増えてしまいますね。

その原因は、眠れないことによってホルモンの分泌が低下してしまう、ことにあると言われています。

しっかりとした睡眠は結果として「成長ホルモン」の分泌が効率よく行われることにつながります。

成長ホルモンは、肌の弾力を保ったり、脂肪の燃焼を促進したりと、美容や健康に良い働きをします。

成長ホルモンの分泌を促すためには良質な睡眠が不可欠となります

では、なぜ不眠症の方は水素を摂取すると良いのでしょう?

不眠症の方は水素を摂取すると良い理由とは

理由は、水素を多くとることで「副交感神経」が優位になり、体がリラックスするからです。

水素風呂に入り、風呂上がりに水素水を飲むことで、細胞レベルで体がリラックスすることが結果として良質な睡眠につながるのです。

一般的に入浴をすると体温が上昇しますが、水素風呂の場合は入浴後は暖かさが持続します。

例えて言うと温泉からあがったときのような、あの感じですね。

そして、温まって開いた血管から熱が効率よく拡散されていくため、徐々に体温が下がっていきます。

脳は体温が下がっていくと、活動が低下し、思考が鈍くなり、眠くなります。

体内の深いところから体温が下がっていくため、良質な睡眠が得られるのです。

人は体温が下がっていくと眠くなるというメカニズムがあるため、質の高い眠りを得るには、徐々に体温を下げるということが重要となります。

ここで注意すべき点としては「体温を下げ過ぎないこと」が挙げられます。

特に冬は手足が冷えて眠れなくなる方もいるので、体を冷やさないように気をつけましょう。