水素に興味のある方はこの本を読むべきでしょう

水素水に強く興味のある方は、水素水の権威である太田成男先生の「水素水とサビの身体:悪玉活性酸素は消せるのか」を読むべきです。

非常に読みやすく、初心者の方であってもわかりやすい説明がなされているからです。

太田先生によると、これまで水素水の実践の中で、最も効果があると感じるのが水素風呂だそうです。

水素水といえば、飲料水やサプリ、水素吸引や化粧品などいろんな種類のものがありますが、その中でもバツグンに良いのが水素風呂ということなんですね。

太田先生の著書を読んでいると感じるのですが、この方はかなりの水素マニアで、普段から良い意味で「水素漬け」みたいな生活を送っておられます。

ということで、以降は、太田先生の水素実践について記載します。

・太田成男先生の水素実践

一般的には、ややぬるめの水素風呂には7分以上、入れば効果があると言われています。

ですので、「だいたい15分とか20分ぐらい入れば多いほうかな」と思ってしまいますが、太田先生はそこが違うんです。

太田先生はぬるめの水素風呂にゆっくりと1時間ほどつかるそうです。

お風呂の中では携帯のワンセグでテレビを見ているとのことで、あっというまに1時間が過ぎてしまうとのこと。

そして風呂上がりには、また水素水を飲み、寝る前には水素発生素材クリームを肌に塗り込むという、まさにストイックなほどの水素水生活を実践しておられます。

ちなみに、入浴中は実験として、ご自分の血圧の動きをモニタリングされることがあるとのこと。

普通のお風呂だと入浴中に、腹が立つことを思い出したりして、血圧があがるそうなのですが、水素風呂の場合は逆に血圧が下がるそうです。

水素風呂は入っていて、すごく気持ちがよくなってしまうので、入浴が快適なために血圧が下がるのかなと思いました。

ここでまとめですが、以下に太田先生の水素風呂実践法の概要を箇条書きで記載します。

•ぬるめの水素風呂に1時間ほどゆっくり浸かる

•入浴中は携帯のワンセグでテレビを見る

•入浴後は水素水を飲む

•寝る前には水素発生素材クリームは肌に塗る

これはかなりの水素マニアの太田先生の実例ですので、参考にできるものは参考にしてみてください。