水素水は加齢臭などの体臭を軽減させる効果がある?

このサイトでは何度も強調されていることではありますが、

水素には悪玉活性酸素を除去するという役割があり、病気の予防などに役立つことが知られています。

一方で、美容の効果もあり、老化の進行を防ぐアンチエイジングに強い興味を持つ方々から大きな関心を集めています。

そして本テーマである「加齢臭を水素は軽減させる働き」を持っています。

加齢臭は身体の内側から発生している臭いで、水素を摂取することでそういった嫌な臭いが改善されるのです。

加齢臭は臭いを発している本人が気づいていないケースもあり、職場などで周りの人々から「おっさん的な印象」を持たれるというマイナスな点があります。

そんな加齢臭を少しでも改善できれは嬉しいですよね。

では以降では加齢臭が生じる原因と加齢臭を弱めるメカニズムについて説明していきたいと思います。

加齢臭が生じる原因と加齢臭を弱めるメカニズム

加齢臭が生じる原因。

それは皮膚の表面で脂肪酸が酸化していることになります。

これが起きるのは普段の生活習慣が乱れていたり、年をとって基礎代謝が落ちてしまったりで、身体に肉がついて太ってしまったことが関係していると言われています。

ですので、普段から身体を動かしてトレーニングやランニングをしたりしている方は比較的、加齢臭が弱いという特徴があります。

逆に言うと運動不足の状態が続いたまま年を重ねてしまい、さらに食生活なども乱れていると、身体が酸化してしまい強い加齢臭が発生してしまうということになります。

水素水を摂取したり水素風呂に入ることで、抗酸化力を高めると同時に、普段から運動をして身体を動かしたり、生活習慣を見直すという当たり前のことも重要なのです。

以下は加齢臭の原因と対策についてわかりやすく説明されている動画です。